【K270 レビュー】最低限の機能が最低価格で手に入るキーボード

箱(前面)

Amazonベストセラー1位のキーボード「K270」を買いました。2011年発売以来、7年以上売れ続けるキーボード。その特徴、メリットなどを紹介します。

K270の写真・内容物

箱(前面)

箱(前面)

箱(裏面)

箱(裏面)

内容物(本体・保証書・お知らせ・説明書・レシーバーの5点)

内容物(本体・保証書・お知らせ・説明書・レシーバーの5点)

本体裏(黄色のラベルを引き抜くと電池が使えるように)

本体裏(黄色のラベルを引き抜くと電池が使えるように)

スタンドを寝かせたとき

スタンドを寝かせたとき

スタンドを立てたとき

スタンドを立てたとき

K270の特徴

フルサイズ(テンキー付き)

テンキー付きのフルサイズ

テンキー付きのフルサイズ

画像の通りK270はテンキー付きです。数字を効率よく入力できますので、業務などで役に立つと思います。

無線(ワイヤレス)

線がないため机の上がスッキリして助かります。しかも、接続は付属のレシーバーをパソコンに挿すだけでOK。箱を開けてすぐ使える親切設計だと思いました。ちなみに付属のレシーバーはキーボードに収納できます。

レシーバーはキーボードに収納できる

レシーバーはキーボードに収納できる

単4乾電池2本で最長2年

無線と聞いて気になるのが電池持ちです。私自身まだ電池は切れていないのですが、Amazonのレビューではちょうど2年持ったとの声がありました。

一日4〜5時間、文章作業をしてますが2年丁度で電池切れました。
充電タイプだと帰ってコストアップですね。
アルカリ電池で充分長持ちします。
引用:Amazon カスタマーQ&A 電池式ですか?

ちなみに単4乾電池2本は付属していますので、別途買う必要はないですよ。

薄型キーボード

一般的なキーボードと比較して薄い

一般的なキーボードと比較して薄い

家にあった別のキーボードと比較したところ、K270の方がずいぶん薄かったです。片手でヒョイと持ち上げられる軽さで、持ち運びにも便利ですね。

キーを押す感触がしっかり得られる

K270のキーストロークは、一般的なキーボードとノートパソコンの間だと思います。深すぎず浅すぎずで、他にない打ち心地を感じました。

薄型なのでノートパソコンに近い感じかと思ってましたが、ちゃんとキーを押し込む感触が得られます。タイピングしてて気持ちいいです。

3年間無償保証

実際に壊れた場合、K270の販売元であるロジクールに連絡します。個人的な話ですが、ロジクールの保証は非常に信頼しています。

1度ロジクール製のマウスが壊れ、実際に交換してもらったことがあるからです。しかも、以下のような神対応でした。

ロジクールの神対応
  • 保証書がなくてもAmazonの購入履歴を見せたら交換してくれた
  • 壊れたマウスが生産終了していたため、上位モデルと交換してもらえた(無料)

万が一のことがあるので3年間無償保証はホントにありがたいですよね。

音量調節などがワンタッチで操作可能

便利なキーを8つ搭載

便利なキーを8つ搭載

K270には8つの便利キーがあり、以下の操作がワンタッチでできます。

K270のボタン1つでできること
  • 再生/一時停止
  • ミュート
  • 音量を下げる
  • 音量を上げる
  • インターネットブラウザを起動
  • Eメールアプリケーションを起動
  • パソコンをスリープモードにする
  • 電卓を起動

私は電卓をよく使うので、ボタン1つで起動できて助かっています。

スポンサーリンク

メリット

  • 価格が安い(2000円以下)
  • テンキー付きで数字が簡単に入力できる
  • 無線(ワイヤレス)で机の上がスッキリ
  • 電池が最長2年持つ(電池は付属されているので別途買う必要なし)
  • 薄型で持ち運びに便利
  • 3年間の無償保証付き
  • 8つのホットキー(便利キー)付き

デメリット

  • 対応OSはWindowsのみ(macOSに対応していない)
  • 静音設計と書いているが一般的なキーボードと変わらない

まとめ

K270は、最低限の機能を安く提供してくれるキーボードだと思います。Amazonベストセラー1位も納得の商品でした。K270はこんな人におすすめのキーボードです。

こんな人におすすめ
  • 安くて良いキーボードが欲しい
  • 性能や機能は最低限あれば十分
  • 価格が安いと嬉しい

読んでいただきありがとうございました。よくありそうな質問は以下のQ&Aにまとめています。もしわからなければ、当ブログのお問い合わせページか、ツイッターまで連絡をお願いします。可能な限り調べます。

Q&A

接続はどのように行いますか?

以下の3ステップで使えます。

  • STEP1
    キーボード裏のラベルを引き抜く
    ラベルを引き抜く

    ラベルを引き抜く

  • 付属のレシーバーをパソコンに挿す
    レシーバーをパソコンに挿す

    レシーバーをパソコンに挿す

  • STEP3
    キーボードの電源をONにする
    キーボードの電源をONに

    キーボードの電源をONに

接続できなくなりました。どうすれば直りますか?

様々な原因が考えられます。例として3つあげます。

  • 電池残量が少なくなっている
  • レシーバーを別のUSBポートに移動した
  • 他のワイヤレス機器が干渉している

これらのページも参考になると思います。

参考 ワイヤレスキーボードK270 よくある質問logicool 参考 反応がなくなる時がある価格.com 参考 【ワイヤレスキーボード】なんで??K270が認識されない??Greedy BLOG

Windows10でも使えますか?

使えると思います。公式サイトの「Windows 8 と Windows 10 で作動するキーボード」にK270の記載がありました。

参考 Windows 8 と Windows 10 で作動するキーボードlogicool

PS4でも使えますか?

使えます。付属のレシーバーをPS4に挿すと使えるようになります。

水洗いはできますか?

水洗いはできません。耐水設計ではありますが、メーカーの試験で使われた量は最大60mlです。ちょっと水をこぼしたぐらいなら大丈夫だと思います。

タイピングの練習に使えますか?

使えますよ。標準的な配列のメンブレンキーボードですので、タイピング練習にもおすすめです。

タイピングを練習するならこちらの記事もおすすめです。タイピング上達のコツを2つ紹介しています。

タイピングが上達する2つのコツ

キーストロークはどんな感じですか?

一般的なメンブレンキーボードとノートパソコンの中間ぐらいです。浅すぎず深すぎずで他にない打ち心地だと思いました。

キースイッチはメンブレンのため、どちらかといえばメンブレンキーボードに近いですよ。