【プッシャーゲーム】メダルを増やす2つのコツ

アイキャッチ

プッシャーゲームって、思うようにメダルが増えないですよね。「スロットは回るけど当たらない…」とか、「演出は豪華だけどメダルは増えなかった…」など悔しい思いをされたのではないでしょうか。

そんなあなたに、プッシャーゲームでメダルを増やす2つのコツを紹介します。これらを身に付ければメダルを増やす確率がぐんぐん上がりますよ。

プッシャーゲームって何?な方へ

「メダル落としゲーム」って聞いたことないでしょうか。台がメダルを押して、落ちたメダルがもらえるゲームです。あれが「プッシャーゲーム」と呼ばれてます。

詳細は以下の記事をご覧ください。

いろんなメダルゲームの種類いろんなメダルゲームの種類

コツ1.内部状態が良い台を選ぶ

1つ目のコツは、内部状態が良い台を選ぶことです。

内部状態とは?

内部状態が良い台とは、簡単にいうと極端に当たりやすい台のことです。こちらの画像をみてください。

プッシャーゲーム - 当たりの波

プッシャーゲーム – 当たりの波

プッシャーゲームの当たりには、このように波があります。波が高いときは当たりやすく、波が低いときは当たりにくいです。

内部状態が良い台とは、これから波が高くなる、つまりどんどん当たり始める台です。例として、以下のタイミングで遊び始めれば簡単にメダルが増えます。

メダルが増えるタイミング

メダルが増えるタイミング

内部状態は遊んでみないとわからない

安心した人

内部状態が良い台を遊べばメダル増えるんだ!やったー!

と思った方。実際はそんな都合よくいきません。なぜなら内部状態が目に見えないからです。実際に遊んでみるまで内部状態が良いか悪いかは判別できません…。

しかも、内部状態の判別には約100枚のメダルが必要で、判別方法もゲーム毎で違います。運良く1発で良い台に座れたら御の字ですが、もし3連続で座れなければ300枚のメダルを失います。

スポンサーリンク

もし内部状態が悪かったら…?

100枚使って内部状態を判別→悪ければ次の台へ…。このように、内部状態に全てを賭けるのはリスクが大きいです。

リスクを小さくするには内部状態が悪かった場合の保険を用意する必要があります。その保険が「ステップやゲージが多い台を選ぶ」です。わかりにくいと思いますので画像で説明します。

道を複数用意してリスクを小さくする

道を複数用意してリスクを小さくする

メダルを稼ぐ道を複数作るイメージです。もし内部状態が悪い場合、自力でステップやゲージを貯めてメダルを増やします。どちらかの道で失敗しても、もう1本の道がありますのでリスクは小さくなります。

ここで「ステップやゲージって何?」と思った方、安心してください。聞いてみたら「ああ、それのことか」とすぐにわかると思いますよ。

コツ2.ステップやゲージが多い台を選ぶ

2つ目のコツは、ステップやゲージが多い台を選ぶことです。

ステップやゲージとは?

ステップやゲージとは何のことを言っているのか。例えば2018年に稼働したレッ釣りGO!には、このようにステップやゲージがあります。

ステップやゲージの例

ステップやゲージの例

レッ釣りGO!では、ボールを落としたり魚を釣ることでJPステップやBINGOマスが貯まり、MAXになるとジャックポットチャンスなどメダルが増えるイベントが発生します。

今どきのプッシャーゲームであれば、名前は違えどこういったステップやゲージがほぼ必ず存在します。ステップやゲージが多い台は、その分メダルが増えるチャンスも多いです。

内部状態が悪かった場合に備えて、なるべくステップやゲージが多い台を選びましょう。

プッシャーゲームでメダルを増やす具体的な方法

「プッシャーゲームでメダルを増やすには、具体的に何をすればいいの?」
「どのゲームを選ぶ?」
「どの台を選ぶ?」
「台のどこを見て選べば良い?」

2つのコツを紹介しただけでは様々な疑問があると思いますので、具体的なメダルの増やし方も紹介します。

攻略記事を読む

まず、私が書いた各ゲームの攻略記事から1つ選んで読んでください。迷うようなら私が1番詳しいゲーム「モンスターハンターメダルハンティングG」がおすすめです。

アイキャッチ【メダルゲーム攻略】グランドクロスレジェンド アイキャッチ【メダルゲーム攻略】レッ釣りGO! 一気に押してメダルを落とそう!【メダルゲーム攻略】バベルのメダルタワー アイキャッチ【メダルゲーム攻略】フォーチュントリニティ3 アイキャッチ【メダルゲーム攻略】マーブルフィーバー | MARBLE FEVER アイキャッチ【メダルゲーム攻略】海物語ラッキーマリンシアター デラックス 【メダルゲーム攻略】マリオパーティ ふしぎのコロコロキャッチャー 2 良い台_ゲーム画面【メダルゲーム攻略】モンスターハンター メダルハンティング G

攻略記事は上から下まで全部読まなくても、最初は以下のポイントだけ読めば大丈夫です。

攻略記事のポイント
  1. 台選びのポイント
  2. 放出期と回収期の特徴

台選びのポイントには、台を選ぶときどこを見れば良いかを書きました。これを読めばチャンス台とそうでない台を見分けられるようになるでしょう。

また、放出期と回収期の特徴にはメダルが増えるとき減るときの前兆を書いています。こちらを読むと「これからメダルが増えるな…」とか「このままだとメダルが減りそうだ…」など未来を予測しながら遊べるようになります。

実際に遊ぶ

攻略記事を読んでいきなりメダルが増えるわけではありません。実際に遊びながらいろいろ気付いたり、発見することが大事です。

「○○ステップはこれのことか」
「放出期ってこの状態を言うんだ」
「遊んでみたら思ってたのと違った…」

このように自分でいろいろと感じながらメダルゲームは上手くなっていきます。勝てそうな台を選び、負けそうになったら引く。そのセンスが磨かれていきますので、攻略記事を読んだら実際に遊ぶ事をオススメします。

もう1度攻略記事を読む

実際に遊んだらもう1度攻略記事を読んでください。もう1度読む理由は以下の2点です。

攻略記事をもう1度読む理由
  1. 遊んだあとに読むと理解できる話がある
  2. プレイ中の疑問を解決する

私が書いた攻略記事には基本的な話もあれば応用的な話もあります。最初読んだときは意味がわからなくても、1度遊んだ後に読むと理解できる可能性があるんです。

ゲームのルールを理解すればそれだけ攻略がしやすくなり、メダルも増えやすくなります。そのため遊んだ後にもう1度読むのがおすすめです。

また、1度遊ぶといろいろと疑問が湧きます。「○○チャンスって何?」とか「豪華な演出が始まったけど、何で始まったかわからない…」など最初はわからないことだらけです。

よくありそうな質問は、攻略記事のQ&Aに書いています。何か疑問が湧いたらQ&Aを読んでみてください。

まとめ

プッシャーゲームでメダルを増やす方法を紹介しました。この記事で紹介したことは汎用的な内容のため、様々なプッシャーゲームに通用します。おそらくこれから出てくる新しいプッシャーゲームにも通用するでしょう。

プッシャーゲームでメダルを増やすなら、「内部状態」「ステップやゲージ」を意識して遊んでみてください。

あと、途中で言うとややこしいので大事なことを1つ伏せていました。

この記事で紹介したのはメダルを増やす方法です。メダルを減らさない方法とはまた違います。もしメダルのムダ遣いを抑えたいなら、次はこちらの記事を読んでください。

アイキャッチメダルが減る2つの原因

メダルが減る原因の8割は自分自身にあります。この記事を読めば「あのときやめておけばよかった…」と後悔することもなくなりますよ。