【メダルゲーム攻略】メダルを増やす2つのコツ

またメダル無くなったパオ!もうメダルゲーム全然楽しくないパオ!

ゾウ

こう思った方、多いんじゃないでしょうか。私も何度も経験があります。メダルゲームって当たれば楽しいですが、外れると楽しくないですよね。あなたはこんな経験ありませんか?

  • 周りが大当たりするなか自分は当たらない
  • よくわからないままにメダルが減っていく
  • さっき自分が座ってた席でジャックポット(大当たり)を取られた

こんな経験をすると「自分は運が悪いなあ」とか「お金を払ってるのに楽しくない…イライラ。」そんな気持ちになりますよね。

しかし、あなたがメダルを減らす一方、実力でメダルを増やしてる人たちがいます。その人達が実践しているコツを教えますのでよかったら実践してみてくださいね。各機種の攻略はこちらに詳しくまとめています。

良い台_ゲーム画面
【モンハン メダルゲーム攻略】モンスターハンター メダルハンティング G
【メダルゲーム攻略】マリオパーティ ふしぎのコロコロキャッチャー 2
アイキャッチ
【メダルゲーム攻略】海物語ラッキーマリンシアター デラックス

コツ1 台選び

メダルゲームを遊ぶとき、直感で台を選んでいませんか?ちょっと言いにくいですが、非常にもったいないことをしています。目の前に勝てる台があるのに、それを逃しているかもしれません。ただ、そんなこと言われても困りますよね。どれが勝てる台かなんてわからないし、そもそも「どれを選んでもほとんど同じだと思ってた。」という人も多いはずです。

そんなメダルゲーム初心者でも出来る勝てる台と勝てない台の見分け方があります。見分け方をできればこの記事でお伝えしたいのですが、機種毎に異なる見分け方をまだ整理できていません。より正確にわかりやすくお伝えしたいので、申し訳ないですが機種毎に攻略記事を書き、見分け方は各記事で説明します。ひとまず「台選びが重要」これを頭の片隅に置いといて欲しいです。

コツ2 引き際

勝てる台を選べたとしてもまだ安心はできません。勝てる台を選ぶと一時的にメダルは増えますが、引き際を間違えてズルズル遊び続けるとあっという間にメダルは減ってしまいます。

台を選んで遊んだ結果メダルが増えたとしても減ったとしても、引き際を見極めて台から離れなければメダルは減る一方でしょう。逆に引き際を知れば、以下の2つができるようになりますよ。

  • 増えたメダルは減らさず全て確保する
  • メダルが減ってしまってもその被害を最小限に抑える

この2つができればメダルが増える確率はグッと上がります。それぐらい引き際は重要です。

で、その引き際はいつだパオ!?

ゾウ

その引き際とは、機械が「放出期」から「回収期」に変わったときです。

わかりにくい専門用語を出してすみません。実は大半のメダルゲームには、よく当たりメダルが増える時期と、逆にほとんど当たらずメダルが減る時期があります。これらをそれぞれ「放出期」、「回収期」と呼んでいます。

要は「放出期」のときだけ遊べばメダルはどんどん増えていきます。…と、口で言うのは簡単ですが、普通にプレイするだけでは今が「放出期」か「回収期」かはわかりません。その見分け方は機種ごとに異なるため、これも申し訳ないですが詳細は各機種の攻略記事に書きます。

スポンサーリンク

2つのコツを掴むとどうなるか

結果的にはこうなります。

高確率でちょっとずつメダルが増えていく

これだけ説明しといてちょっとずつしか増えないのかよ!と思われるかもしれませんが、そもそもメダルゲームでカンタンに何千枚も稼ぐ裏ワザはないんです。

この記事で紹介した2つのコツは、カンタンに何千枚も稼ぐのとは真逆です。「地道に努力を重ねた結果、少しずつではあるが確実にメダルを増やす」、そのためのコツです。2つのコツを掴めば非常に硬い立ち回りになります。私は2つのコツを使って500枚→3000枚までメダルを増やしています。勝率もグンと上がりますのでぜひぜひ身につけてください。

メダルを増やすために必要な3つの条件

  • 根気
  • ゲームセンターに行きやすい(自宅近く、または通勤、通学の途中にある)
  • 自制心

この記事で紹介したメダルを増やすコツをまとめると「勝てる台を選び、回収期に入ったらすぐに引く」です。勝てる台がなければ遊ばずに帰りますし勝てる台が見つかるまで何度もゲームセンターに行きます。そのため根気とゲームセンターに行きやすいことが条件です。

また勝てる台がなければそこで帰りますが、まだ遊びたいのに帰るのは結構辛いです。「勝って嬉しい!もっともっと遊びたい!」、「負けて悔しい!次の台で負けを取り戻したい!」メダルを増やすためには、こういう気持ちをグッとこらえる自制心が必要なんです。

初心者におすすめのメダルゲーム

オススメは「海物語 ラッキーマリンシアター」です。この機種は少ない枚数で長時間遊べますし、ルールもシンプルでわかりやすく特別な技術もいらないので初心者にオススメです。

こちらの記事で「初心者でも遊びやすいメダルゲーム」を紹介していますので、ぜひご覧くださいませ。

アイキャッチ
【メダルゲーム】初心者におすすめの機種5選

Q&A

メダルゲームにはどんな種類がありますか?

プッシャーゲームやビデオスロットなどいろいろです。種類によって良いところ、悪いところありますので詳しくはこちらの記事をご覧ください。

いろんなメダルゲームの種類
いろんなメダルゲームの種類

最初に何枚メダルを買えばいいですか?

300枚以上がおススメです。あまり少ないと遊べる機種が少なくなってしまいますので。。

メダルを増やす良い時間帯はいつですか?

開店〜1時間後、1時間前〜閉店までです。要は人が少ない時間帯に行けば選べる台も増えるので、勝てる台も見つけやすいという話です。人が少ない時間帯は店によって微妙に違いますので、店で実際に確かめてみてください。

もっとメダルゲームのことを知りたいです。

メダルゲーム好きとして嬉しいです。ぜひ、以下のボタンからメダルゲームの攻略記事を読んでみてください。当ブログのメダルゲームまとめ記事へのリンクです。