【メダルゲーム攻略】メダルを増やす2つのコツ

土井仲

メダルを増やすコツはこの2つです。
メダルを増やす2つのコツ
  1. 良い台を選ぶ(台選び)
  2. 調子に乗って遊びすぎない(引き際)

この2つを守ればメダルが増える確率はグンと上がります。それぞれ紹介しますね。

コツ1 台選び

メダルゲームを遊ぶとき、直感で台を選んでいませんか?ちょっと言いにくいですが、非常にもったいないことをしています。目の前に勝てる台があるのに、それを逃しているかもしれません。ただ、そんなこと言われても困りますよね。どれが勝てる台かなんてわからないし、そもそも「どれを選んでもほとんど同じだと思ってた。」という人も多いはずです。

そんなメダルゲーム初心者でも出来る勝てる台と勝てない台の見分け方があります。見分け方は機種ごとに異なりますので、詳細は各機種の攻略記事をご覧ください。台選びのポイントや、具体的なメダルの増やし方を載せています。

コツ2 引き際

勝てる台を選べたとしてもまだ安心はできません。勝てる台を選ぶと一時的にメダルは増えますが、引き際を間違えてズルズル遊び続けるとあっという間にメダルは減ってしまいます。

台を選んで遊んだ結果メダルが増えたとしても減ったとしても、引き際を見極めて台から離れなければメダルは減る一方でしょう。逆に引き際を知れば、以下の2つができるようになりますよ。

引き際を知るとこの2つができる
  • 増えたメダルは減らさず全て確保する
  • メダルが減ってしまってもその被害を最小限に抑える

この2つができればメダルが増える確率はグッと上がります。それぐらい引き際は重要です。

で、その引き際はいつだパオ!?

ゾウ

その引き際とは、機械が「放出期」から「回収期」に変わったときです。

わかりにくい専門用語を出してすみません。実は大半のメダルゲームには、よく当たりメダルが増える時期と、逆にほとんど当たらずメダルが減る時期があります。これらをそれぞれ「放出期」、「回収期」と呼んでいます。

要は「放出期」のときだけ遊べばメダルはどんどん増えていきます。…と、口で言うのは簡単ですが、普通にプレイするだけでは今が「放出期」か「回収期」かはわかりません。その見分け方は機種ごとに異なるため、コツ1 台選びに載せた各機種の攻略記事を確認してほしいです。

スポンサーリンク

2つのコツを掴むとどうなるか

結果的にはこうなります。

高確率でちょっとずつメダルが増えていく

これだけ説明しといてちょっとずつしか増えないのかよ!と思われるかもしれませんが、そもそもメダルゲームでカンタンに何千枚も稼ぐ裏ワザはないんです。

この記事で紹介した2つのコツは、カンタンに何千枚も稼ぐのとは真逆です。「地道に努力を重ねた結果、少しずつではあるが確実にメダルを増やす」、そのためのコツです。2つのコツを掴めば非常に硬い立ち回りになります。私は2つのコツを使って500枚→3000枚までメダルを増やしています。勝率もグンと上がりますのでぜひぜひ身につけてください。

2018年9月8日追記 メダル保有枚数10000枚オーバー!

メダル保有枚数が10000枚を超えました。

メダル保有枚数が10000枚を超えるまで

大きく伸びているのは以下のように4000枚以上のジャックポットを当てた月です。普段はあまり増えませんが、良い台を選びながら地道に遊んでいると、たまに大きな当たりが来ます。

たまに来るジャックポット

たまに来るジャックポット

払い出されたメダル

払い出されたメダル

10000枚を超えたときの記事がこちらです。

アイキャッチ【メダルゲーム日記】モンハンG リオレウスJP獲得!?

また、こちらの記事にモンハンGの攻略情報を書いています。ジャックポットを狙ってぜひぜひ遊んでみてください。

良い台_ゲーム画面【メダルゲーム攻略】モンスターハンター メダルハンティング G

メダルを増やすために必要な3つの条件

  • 根気
  • ゲームセンターに行きやすい(自宅近く、または通勤、通学の途中にある)
  • 自制心

この記事で紹介したメダルを増やすコツをまとめると「勝てる台を選び、回収期に入ったらすぐに引く」です。勝てる台がなければ遊ばずに帰りますし勝てる台が見つかるまで何度もゲームセンターに行きます。そのため根気とゲームセンターに行きやすいことが条件です。

また勝てる台がなければそこで帰りますが、まだ遊びたいのに帰るのは結構辛いです。「勝って嬉しい!もっともっと遊びたい!」、「負けて悔しい!次の台で負けを取り戻したい!」メダルを増やすためには、こういう気持ちをグッとこらえる自制心が必要なんです。


99円でゲーセンの行き帰りが楽しくなりました

ゲーセンの行き帰りって割と暇ですよね。歩いてるときや運転中はスマホも見れませんし…。そんなときにおすすめしたいのがamazonの音楽聴き放題サービスです。

今なら誰でも3ヶ月99円で利用できますので、おトクですよ~。

eyecatch99円で4000万曲聴き放題になりました。おトクです。

初心者におすすめのメダルゲーム

オススメは「海物語 ラッキーマリンシアター(攻略情報を見る)」です。この機種は少ない枚数で長時間遊べますし、ルールもシンプルでわかりやすく特別な技術もいらないので初心者にオススメです。

こちらの記事で「初心者でも遊びやすいメダルゲーム」を紹介していますので、ぜひご覧くださいませ。

アイキャッチ【メダルゲーム】初心者におすすめの機種5選

メダルゲームをもっと知る

たまに来るジャックポットメダルを増やすならコレ!モンハンG 3つのメリット

モンスターハンターメダルハンティングGの魅力をザックリ紹介しています。モンハンに興味がある方や、メダルを増やしたい方におすすめの記事です。


キャッチャーを操作してボールをGET!UFOキャッチャーが遊べる!マリコロキャッチャー2 3つのメリット

マリオパーティふしぎのコロコロキャッチャー2の紹介記事です。メダルゲームでUFOキャッチャーが遊べるのはこのゲームだけ!万人におすすめできるメダルゲームです。


【メダルゲーム紹介】連チャンボーナスが熱い!海物語 2つのメリット

海物語ラッキーマリンシアターデラックスの紹介記事です。このゲーム最大の魅力は初心者におすすめできること。これさえやれば他のメダルゲームのルールも理解しやすくなりますよ。


バベルのメダルタワーのジャックポット【メダルゲーム】ジャックポットが超爽快なメダルゲーム7選

メダルゲームのジャックポット(大当たり)を紹介しています。メダルタワーが倒れたり、タルからメダルが落ちてきたり、網からメダルが振ってきたり…。超爽快なジャックポットをまとめました。ストレス発散にピッタリの記事です。

スポンサーリンク

Q&A

メダルゲームにはどんな種類がありますか?

プッシャーゲームやビデオスロットなどいろいろです。種類によって良いところ、悪いところありますので詳しくはこちらの記事をご覧ください。

いろんなメダルゲームの種類いろんなメダルゲームの種類

最初に何枚メダルを買えばいいですか?

300枚以上がおススメです。あまり少ないと遊べる機種が少なくなってしまいますので。。

メダルを増やす良い時間帯はいつですか?

開店から1時間後、閉店前の1時間です。要は人が少ない時間帯に行けば選べる台も増えるので、勝てる台も見つけやすいという話です。人が少ない時間帯は店によって微妙に違いますので、店で実際に確かめてみてください。


もっとメダルゲームのことを知りたいです。

メダルゲーム好きとして嬉しいです。ぜひ、以下のボタンからメダルゲームの攻略記事を読んでみてください。当ブログのメダルゲームまとめ記事へのリンクです。